宇部市海南町について

海南町は参宮通りと工学部通りが交わる沼交差点の南東に位置し、全体は概ね琴芝校区に属しています。昭和58年の第11次住居表示で東梶返、西梶返と共に海南町となりました。地図では明確な高低差が現れず分かりづらいですが、海南町は西梶返1丁目と接する南寄りが少し高くなっています。この小さな尾根部分に沿って海南水路が通っています。海南町周辺もかつては田で、常盤池の西側から取り出された灌漑用水は西幹線として各地の田を潤した後、分岐路の一つである海南水路を経て参宮通りの西を流れる渡内川に注いでいます。

海南町という名前は、住居表示以前の小字名であった字海南に由来します。小字など古くからの地名は訓読みが多い中「かいなん」は音読みです。音感からして近年できた地名のように思われますが、江戸時代から使用されてきた地名をまとめ上げた「山口県地名明細書」には、既に海南(かいなん)の小字が収録されています。当時は梶返に属していたことが分かっています。

海南という地名の正確な由来は分かっていませんが、率直な「海が南に位置する地」ではないかと思われます。しかしそのような地域は他にいくつもあり、別の由来を持っている可能性もあります。

最寄りの見どころ

町内の南東側に菅原道真公を乗せた舟が嵐を避けるために立ち寄り、道真公の徳を慕って村人が建てたと伝えられている梶返天満宮があります。先述の西幹線用水路の枝線が境内を通っています。境内にある梶返児童公園は子どもたちの良い遊び場になっています。交通量の多い道路を横切ることなく歩いて数分で行けるのも魅力的です。